金融庁、仮想通貨の証拠金倍率を抑制する意向

日本経済新聞社の報道によると、日本金融庁は最近、仮想通貨取引の過度な投機色を薄める意向を表明しました。仮想通貨の証拠金倍率は現在、交換業者が任意で設けられ、最大で25倍に設定する業者もいました。この倍率を2~4倍に制限する提案が出ています。金融庁が、仮想通貨交換業者の登録制度を導入しましたが、仮想通貨の取引に明確な法的規制を策定していません。そのため、さらに詳細かつ明確な規制を制定し、利用者たちの保護を徹底するのは必要だと考えられます。

 

 


News from: 日本経済新聞社

Disclaimer:This is a translated flash news. We do not make any warranties about the completeness, reliability and accuracy of this information.Any action you take upon the information on this website is strictly at your own risk, and BBC will not be liable for any losses and damages in connection with the use of this information.

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 343 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。