金融庁:ステーブルコインは現行法に認めた仮想通貨ではない

Bitcionの報道により、日本金融庁(FSA)はステーブルコインが仮想通貨に該当しないとの考えを示したことがわかりました。昨年の4月で施行された資金決済法に従い、法定通貨に裏付けられたステーブルコインは資金決済法が定義する「バーチャル・カレンシーズ」(仮想通貨)に該当しないと、金融庁は意見を述べました。そして、仮想通貨交換業者がそのステーブルコインを扱う場合、発行企業は「改正資金決済法」に準拠し、「前払式支払い手段発行者」か、「資金移動業者」として登録をすることは金融庁に要求されます。


New from:bitcoin
Photo from:bitcoin

Disclaimer: This is a translated article. BBC does not take responsibility of the original contents.

この記事をシェアする: