G20財務相・中央銀行総裁会議は暗号資産に対する声明を発表(6月9日)

G20財務相・中央銀行総裁会議は9日に共同声明

G20財務長官と中央銀行総裁会議は共同声明を発表。暗号資産は現在、世界的な金融システムの安定を脅かすことはないが、リスクには警戒が必要。

福岡で開かれているG20財務相と中央銀行総裁会議は9日、共同声明を発表し、暗号資産を含む技術革新は、金融システム及びより広く経済に重要な利益をもたらすと表明した。暗号資産は現在、世界的な金融システムの安定を脅かすものではないが、消費者や投資家の保護、マネーロンダリングやテロリズム融資を含むリスクに対しては警戒が必要であると述べた。又、最近改訂された暗号資産や関連業者に対する金融活動作業部会(FATF)基準を適用し、マネーロンダリングとテロリズム融資問題を期待すると述べた。

 


News from: cointelegraph

この記事をシェアする: