政府税制調査会は11月7日に仮想通貨税収調整意見を公表

JIJIの報道により、第3回「納税環境整備に関する専門家会合」は本日で行われたことがわかりました。本会議では、仮想通貨取引および民泊による収益に対し、いかなる合理的な税制を組み立てるかについて論議されてました。経済社会のICT化を踏まえた納税環境の整備として、電子データそのもののやり取りやマイナポータルの活用を増やすべきという意見は多くの参加者に認められました。会議を開催した政府税制調査会(内閣総理大臣の諮問期間)は最後にこれまでの議論の整理を行い、11月7日の政府税調総会で報告する予定です。
悪質な税逃れを対応するため、仮想通貨の取引を仲介する交換業者に対して、利用者の所得情報開示などを求める声も出てきました。

 

 


Newsfrom: JIJI
Photofrom: Cointelegraph

この記事をシェアする: