GUSD、WIT、安定仮想通貨が続々登場

安定仮想通貨業界の発展はブロックチェーン技術の運用を念頭に置かなければなりません。なぜなら、安定仮想通貨は支払手段の一つとして機能を発揮してるだけではなく、ブロックチェーン技術の運用にも重要な役割を果たしているからです。トークンの金融価値と使用属性を安定仮想通貨にまとめました。

その安定仮想通貨とトークンエコノミーモデルへの理解は今後の仮想通貨の変革を解明するキーワードになります。本文は最初に先日で発表された安定仮想通貨GUSDを、現在市場流通量最大の安定仮想通貨USDTと比較しながら紹介します。その後、人民元に裏つけられた安定仮想通貨WITの仕組みを説明します。

Gemini Dollar(GUSD)

発行取引所:Winklevoss(ウィンクルボス)兄弟が運営する仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)

発行時間:2018910

初期流通量:10

Gemini dollar(GUSD)は、11の比率で米ドルに裏つけられ、イーサネットで発行された安定仮想通貨です。その誕生によって法定通貨と暗号通貨の間に新たな関係が築かれました。

ジェミニ株式会社は2014年に成立し、仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)を有します。ドルとBTCETHZEC三種類の仮想通貨の間の取引がここで行われています。GUSD発行以後、Geminiのユーザーは、米ドルを入金しトークンに変換し、それをEthereumのアドレスに引き出すことで、GUSDを取得することができます。なお、ジェミニドルのホワイトペーパーによると、GUSDは「Etherrumブロックチェーン」上のERC20トークンとして構成されているものなので、GUSDは他のERC20トークンと同じように、自由にイーサネットで取引することができます。

GUSDとUSDTの共通点

両者ともは民間企業がパブリックチェーンで発行した安定仮想通貨であり、11の比率で米ドルに裏つけられます。各会社の法人口座に存在する資金がその保証となります。

GUSDUSDTの比較

  1. GUSDUSDTと違い、世界で始めて規制当局からの許可を受けた安定仮想通貨です。発行会社であるGemini Trust Company LLC(ジェミニ信用株式会社)はアメリカで成立され、米国の規制当局であるニューヨーク金融サービス局(NYDFS)との監督を受けています。さらに、Geminiは、独立した公認会計士事務所を立ち上げることによって、毎月の報告書を公表し、ジェミニドルが米ドルによって完全に裏つけられていることを証明します。
  2. ユーザーはGUSDを取引所に転入し、11の為替レートで米ドルと交換することができます。法定貨幣に交換する方法においては、USDTの方とはまったく違います。USDTの発行会社は必ず交換できるという約束がなく、公式の取引所も提供していません。USDTを有する者は、通常他の資金移動業者に依頼するか、海外取引で交換するか、非公式の方法でUSDTを法定貨幣に交換しなければなりません。
  3. USDTは四年ほどの先発優位によってかなりの市場シェアを確保しました。Bitfinex,Binance,FireCoinなど多くの取引所に認められています。それに対して、現在、GUSDを認可したのはGeminiの取引所だけ、GUSDの用途はまだ広いと言えません。他の仮想通貨取引所、また金融機関に認められ、受け入れたからこそ、GUSDは安定仮想通貨の真の価値を発揮し、徐々にUSDTから市場シェアを奪取することができます。
  4. トークンの価値を決める基礎から見ると、GUSDの方がはるかに安定性が高いですが、その根本的なリスクは解決していません。GUSDの流通はユーザーのGemini社に対する信頼に基づいています。Gemini社は預金より多くのトークンを発行しないこと、アカウントを凍結しないこと、トークンの交換を拒絶しないこと、厳重なセキュリティ問題が出ないことや倒産しないこと等、ユーザーはこれらの点を信じなければなりません。
  5. GUSDは「Ethereumブロックチェーン」上のERC20トークンとして構成されているので、OmniLayer協議に基づいたUSDTより素早く取引を確認でき、簡単に現有ブロックチェーンウォレットとまとめ、大量の複雑の機能も果たせます。欠点は、Gemini社は今後GUSDのコードロジックをデータアップするために、複数のスマートコントラクトが関連し、プログラムを開発しました。Trail of Bitsという警備会社を雇い、コードの安全性を審査しますが、システムの複雑度が上昇することによって、今後人為的なミスが出ないことを杜絶し難いと考えられます。

GUSDの本質はイーサネット上流通しているGemini社の債権に過ぎません。スマートコントラクトのコードと人為の操作に問題が出なくても、GUSDを保有しているユーザーは会社の信用リスクにさらします。FDICに保証されている米ドル貯金と比べて、GUSDは資産としての優先順位が低いです。

そして、GUSD取引のプライバシー性は現金の米ドルより低い可能性があります。GUSDに関する全ての取引はイーサネットで調べられるだけではなく、未来、GUSDを受け入れる組織はKYCAml身分証明を受ける可能性が高いです。そうでなければ、法定貨幣への交換の確定性は問題になります。

人民元に裏つけられたWITが登場、USDTの市場シェア危機

2018918日、中信国際資産管理株式会社は銀河数字資産管理株式会社と協約を締結しました。銀河資産管理株式会社への株式購入と業務再編によって、中信国際資産はWITWealth in Token)とそのコントロールシステムをもって、正式に仮想通貨資産管理業界へ進出します。新たな株主からの資源及び政府からの許可を得たことで、銀河資産は香港において、資産のトークン化を加速し、合理的運営と全面発展を目指しています。

中信国際資産は中国中信グループに属する子会社であり、主に香港で資産管理及びプライベートエクイティーなどの事務を行っています。銀河資産管理は金融界及び技術界の多くのプロが発起したグローバル化技術サービス会社です。多数の法務、審査、技術に関する専門企業からサーポトを受けています。会社の初期メンバーの中には、銀行、監査組織、金融サービス組織から来た人が多くいます。プロダクトデザイン、合法な活動に関して豊富な経験を有します。

WITは「Ethereumブロックチェーン」上のERC20トークンとして構成されている暗号通貨であります。その発行できる基礎となるのは高度な流通性を持つ資産と法定貨幣が組み合ったミックス資産です。WITの使命とは、より多くの高質な資産をブロックチェーン技術によって、その利益を確定、流通性をあたえることです。KYCに認められた組織あるいは個人は、GDAを通じて、協議通りに手元に持っている資産をWITに交換することができます。各自の需要に従い、WITは法定貨幣に交換することは可能です。WITは資産交換できるのトークンとして、安全、安定、高い流通性を持ちます。WITの保証となる資産は高い割合を占めている法定貨幣と真実かつ良質の資産に構成されています。そして、株主大会と協力している金融機関からのサーポトを受けているので、資産価値の維持及びスムーズに法定貨幣に交換できることが保証されています。

910日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が同時に二つのイーサネットに基づく安定仮想通貨に許可を与えました。その二つの安定仮想通貨はGemini社が発行したGUSDPaxos社が発行したPSDです。この二つのトークンはUSDTと同じく、11の為替レートで米ドルと交換できます、ニューヨーク州金融サービス局によると、今回安定仮想通貨の発行を許可した趣旨は、法定貨幣安定性の上昇とボータレスの実現かつ仮想通貨流通性の向上です。米ドルのトークン化が合法になれば、米ドルは安定仮想通貨を通じて世界各国へ浸透することができます。そして、より信頼できる安定仮想通貨PSDGUSDはいずれ現有のUSDTを置き換えることが考えられます。

WITGUSDの誕生は暗号通貨に対して重要な意味を持っているという事に対し我々は否認できません。なぜなら、仮想通貨の持ち主にとって、より安全な選択肢が増えたからです。

出所:

1)安定仮想通貨GUSDWITが続々登場 :https://money.udn.com/money/story/10860/3381103#prettyPhoto

2) Winklevoss兄弟:安定仮想通貨「ジェミニドル(GUSD)」を発表 :https://bittimes.net/news/27074.html

3) 仮想通貨Tether(テザー/USDT)の特徴、将来性、価格、取り扱い取引所は?:https://bitdays.jp/currency/other_currency/1752/

4) 人民元に裏つけられた安定仮想通貨が登場:https://m.gelonghui.com/news/139042

Translated by Hengcheng Lin

Photo from: https://money.udn.com/money/story/10860/3381103#prettyPhoto

Disclaimer: This is a translated article. BBC does not take responsibility of the original contents.

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 322 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。