IAM:ヨーロッパと中国のブロックチェーンに関連する特許の比較

ブロックチェーン

IAM(Intellectual Asset Management)は先月、欧州特許庁(EPO)と中国国家知識産権局(CNIPA)に焦点を当てて、ヨーロッパと中国におけるブロックチェーン技術に関連する特許についての比較研究を行い、その研究結果を発表した。これによると、両者の創造性や妥当性といった通常の審査項目には共通点があるという。例えば、中国は欧州特許条約と同様に具体的な技術問題を解決するソリューションをポイントとして要求している点などが挙げられる。一方、相違点としては「公共の利益」が特に注目されている。中国はBTCを「公共の利益」を損なう発明と見なし、国家安全への潜在的な脅威や、現行の法定通貨の体制の安全性を脅かす可能性があるなどの理由で否定的な態度を示すと指摘されている。しかしこれに対し、公共の利益を損なうと判断する基準が不明確であり、政治的な意味も含まれているため、単純に比較することは難しいと主張する声もあった。

 


News from:IAM

この記事をシェアする: