IBM、中国の空気汚染にブロックチェーンを導入し改善を試みる

中国では近年、空気汚染について問題視されており、それは単に中国の問題ではなくなってきています。

空気は地球全体を覆っているものであり、世界各国もCO2排出に対して管理を行っている状況です。

そこでIBMは、中国企業が排出するCO2の量を削減するために、ブロックチェーンベースの「森林資源マネージメントプラットフォーム」を企画しました。

このプラットフォームは、オープンソースであり Hyperledger Fabricに基づいていると発表しました。

https://cointelegraph.com/news/ibm-plans-to-use-blockchain-to-clean-up-chinas-air

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 343 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。