インド国会議員が仮想通貨を禁止する法案を提出

インド国会議員が仮想通貨に対して法案を提出

インドの国会議員が、仮想通貨取引をした国民に最高10年の懲役刑に加えて、最高で利益・損失の3倍にあたる罰金刑を執行する法案を提出した。

今回の規制案は、この頃提出された「仮想通貨の禁止および公式デジタル通貨規制法案 2019」という法案の一部に組み込まれていたものだという。この法案では、仮想通貨のマイニング・保有・購入・売却・取引などインド国内で直接的・間接的に仮想通貨を取り扱う者を対象にするとみられている。これが成立した場合、仮想通貨保有者は90日以内に自身で申告し、中央政府の規定に従って処分するよう命じられることになるという。

 


News from:Bloombergquint

この記事をシェアする: