仮想通貨のハッカーはWindowsサーバーを攻撃し、ユーザーに新たな脅威をもたす

bleepingcomputerによると、最近、仮想通貨のハッカーはマルウェアを用いてWindowsを攻撃し、WindowsサーバーのCPUを使用してMoneroをマイニングしていることが判明した。 6月中旬に発見されて以来、マルウェアは2回更新され、攻撃数も増加し続けている。 CheckPointの研究者の分析後、KingMinerという名前が付けられました。 彼らは、マルウェアがMicrosoft IISとSQL Serverへの強制アクセスできることを発見した。


Newsfrom: BiShiJie
Photofrom: bleepingcomputer

この記事をシェアする: