LongHash:PoWによる無駄な電力消費に対する批判殺到、PoSがとって代わるか

中国政府はマイニングを禁止しようとしている。この背景としては、急速に発展するブロックチェーン産業を政府がコントロールしたいと考えているという意図が含まれているほか、業界がPoWによる無駄な電力消費を抑えられていないことも重要な一因と言われているとLongHashは報じた。国際エネルギー機関(IEA)の2018年度の統計により、2016年のマイニングによる電力消費は、ギリシャ、イスラエル、チリなどの小国の年間電力消費総量に相当することが明らかになった。これらの現状に対して、LongHashの報道では、PoWに対し単発的に注目するのではなく、PoSの発展を通し現状を改善することが可能な手段への関心を高めることが急務とコメントした。

 


News from:LongHash

この記事をシェアする: