イオス(EOS)・ライトコイン(LTC)・リップル(XRP)・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH):チャート分析(2月22日)

EOS 

価格は昨日の予測通り3.95ドルから3.7415にコールバックとなった。午前のセッションではすぐに上昇し、短期トレンドはゴールデンピットとなった。 価格が抵抗線を突破すると、予測価格は4.15に達する可能性がある。

 

 

LTC

利益率が非常に高いため、昨日のコールバックは深刻なもととなった。 現在の価格は47ドルから50ドルの範囲内にあり、価格が50ドルを超えて戻る可能性がある場合は、強気の傾向が続く。 価格が47ドルを下回ると、市場の見通しは楽観的ではなくなる。 取引を考えるなら47-48ドルで買いを行い、短期で50ドルをターゲットにすることだ。

 

 

XRP

昨日は市場を見ながら待つことを伝えた。三角持合相場(トライアングルフォーメーション)後の価格は、崩れ落ちる結果となった。市場の見通しがまだ弱いことが予想されるため引き続き市場を見ながらタイミングを待つことが必要となる。売買を検討するならば、0.30~0.31ドルで購入するのがお勧めだろう。

 

 

BTC

まだ高レベルのレンジ相場を維持している。 現在のレンジ相場傾向は3,866ドル-3,955ドルのレクタングルの傾向に発展した。 この範囲内での売りは基本的に集中しており、市場は引き続き強気なままとなっている。 3,955ドルを突破した後、価格は新たな展開へと向かうだろう。

 

 

ETH

まだ高レベルのレンジ相場を維持しながら、現在のレンジ相場の傾向は145ドル~153ドルのレクタングル傾向となっており、価格は弱気でも強気でもない中立的な姿勢である。もしも価格が短期間で153ドルの圧力を突破することができない場合は、引き続き傍観姿勢となる。

 


·以上のデータ及び分析は、Stevenの提供で掲載します。無断転載は禁止、事前にBBCにご連絡ください。
·本サイトに掲載された情報によりなされた判断による一切の行為で発生したいかなるトラブル・損失・損害に対して、BBCは責任を負いかねます。

この記事をシェアする: