Cargo Community NetworkとMicrosoft が航空運送費用計算システムを共同開発

AirCargoWorldの報道により、先頃シンガポールで開催された国際航空運送協会の会議において、シンガポールの物流企業であるCargo Community Networkがマイクロソフトと提携し、ブロックチェーンに基づく航空運送費用計算システムを共同開発したことが分かった。このシステムは、MicrosoftのクラウドコンピューティングのAzureで開発されており、航空運送費用の計算、コストの試算、帳簿照合などの機能が設けられているという。

 


News from:aircargoworld

この記事をシェアする: