ナスダックがセキュリティー・トークンのプラットフォーム開発か

Bitcoinの報道によれば、ナスダック(national Association of Securities Dealers Automated Quotation)はセキュリティー・トークンのプラットフォームに関する新事業について検討しています。それはアメリカの法制度のもとで、STOを発行するための社会的環境を整備する一環だと考えられます。現在、ナスダックはブロックチェーン技術を提供する企業であるSymbiontと商談しています

STOは従来の証券とは異なります。従来の証券とは、一定の財産法上の権利義務に関する記載がされた文書です。ここでのセキュリティとは有価証券を意味し、STOとは、セキュリティー・トークンの新規公開を指しています。STOは現存の様々な法的規制のもとで展開することが可能であるため、アメリカを含み、現在の世界各国から注目を集めています。CyberMilesファウンデーションの投資対象であるONFはアメリカ初の合法的なSTO取引所という事実を見れば、アメリカにおいては、STOの合法性はすでに認められたと言えるでしょう。

 


Newsfrom: Bitcoin
Photofrom: Coinpost
Disclaimer: This is a translated flash news. We do not make any warranties about the completeness, reliability and accuracy of this information. Any action you take upon the information on this website is strictly at your own risk, and BBC will not be liable for any lossess and damages in conneciton with the use of this informaiton.

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 343 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。