ニューヨーク州議員:妥当な仮想通貨規制制度を作るために多方協力が必要不可欠であり

Cryptoninjasの報道により、アメリカニューヨーク州議員かつインターネット新興テクノロジー委員会主席を務めるクライド・バネル(Clyde Vanel)は妥当な仮想通貨規制制度を作るために多方協力が必要不可欠であると述べたことがわかった。クライド・バネル氏の意見によると、仮想通貨は単なる価値がある資産だけではなく、貨幣あるいは交換物としてよく使われ、契約と取引の記録にも役立つ。さらに、ブロックチェーン技術は政府と民営両方とも使え、団体内の透明度と効率をあげることが可能である。政府部門はブロックチェーン技術を選挙、不動産取引、重要な情報記録に使うべきだと彼は語った。それ以外、クライド・バネル氏は立法者は自分だけで決断を下すべきではなく、多方の利益を考えながら、協力を求めるからこそ、ニューヨーク州のブロックチェーン及び仮想通貨事業に妥当な規制制度を作れるという意見を表した。

 

 


News from: cryptoninjas“>cryptoninjas

この記事をシェアする: