日本郵船、海上乗組員への給料支払いにステーブルコインの導入を計画

Bloomberg reportによると、日本郵船(NYK)は、乗組員にサービス料金を支払う手段としてデジタル通貨を導入する計画を発表した。

同社は、その仕組みの詳細が一見不透明である中、2019年の第1四半期前にドルにペッグしたステーブルコインを変動相場制にするのを望んでいる。そして経営者、オーナー、投資家にステーブルコインが出回る前にその特許を取得することをゴールとしている。

この試みの究極の目的は、海上で働く人々が財務の管理、現地通貨での送金または換金するプロセスを容易にすることである。

 

 


Newsfrom: CCN

Photofrom: 日本郵船

Disclaimer: This is a translated flash news. We do not make any warranties about the completeness, reliability and accuracy of this information. Any action you take upon the information on this website is strictly at your own risk, and BBC will not be liable for any loss and damages in connection with the use of this information.

この記事をシェアする: