大阪ガス、今後個人間の電力売買の管理のため、ブロックチェーン技術の有効性を確認

大阪ガスのホームページにより、同社保有の実験集合住宅「NEXT21」において、2019年3月から電力個人間取引の居住者実証試験を行ったことがわかった。今後は再生可能エネルギー発電を中心とした分散型エネルギーシステムを保有した需要家が発電した電力を自由に売買できるようになる可能性があり、個人間の電力取引におけるブロックチェーン技術の有効性を確認するため、NEXT21居住者の実生活環境を使って実証試験を行ったという。

 

 


News from:osakagas.co.jp

この記事をシェアする: