シンガポール「決済サービス法案」を通過

Bplusシンガポールの報道によると、シンガポール国会は「決済サービス法案」をめぐる審議を行い、これを通過させたことが明らかになった。シンガポール教育部の部長のOng Ye Kungは、シンガポール金融管理局(MAS)を代表し、「MASは法案の遂行を徹底する方法や責任免除条件を吟味している」と発言した。この法案は、リスクマネジメントと合法性、という2つの側面から監査を全面的に実施することで、シンガポールの既存市場に大きな影響を与え、それは仮想通貨、ウォレット、OTCプラットフォームにまで及ぶと考えられている。

 


News fromBplus

この記事をシェアする: