Rabobankが仮想通貨ウォレット開発プロジェクトを中止

RaboBankのイメージ

仮想通貨ウォレット開発プロジェクトを中止

ラボバンク(Rabobank)はこのほど、2018年2月に発足した仮想通貨ウォレットを開発するプロジェクト、Rabobitを中止した。

このプロジェクトの目的は、銀行口座と仮想通貨ウォレットとの関わりを構築することであったと言われていたが、ラボバンクは「現在、法的環境が不明確で、今後プロジェクトを引き続き推進するのが難しくなる」と今回の中止に至った理由を説明した。一方で、銀行の関係者は「プロジェクトは中止となってしまったが、貴重な経験を得た」と述べ、業界への期待を積極的に示したという。

 


 

この記事をシェアする: