リップル社がインターレジャープロトコル(ILP)のビットコインプラグインを公開

2017年6月1日、リップル社(Ripple, Inc.)は「インターレジャープロトコル(InterLedger Protocol、ILP)」初のビットコインプラグインを公開しました。これによって、ブロックチェーントランザクションを異なる決済ネットワーク上送信することができます。本記事では、その公開内容について解説していきます。

リップルについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
→「リップルとは?-新たな国際送金システムを目指す暗号通貨」

 

インターレジャープロトコル(ILP)とは?

国際送金など複数の金融機関をまたぐ形での取引を行う場合、異なる取引記録データベース(=決済ネットワーク)を経由する必要があるため、大きな時間的・費用的コストがかかります。2015年10月にリップル社が発表した「インターレジャープロトコル」は、複数の取引台帳を接続することで異なる決済ネットワークにまたがる取引を実現します。具体的には、二者間の取引を仲介する「エスクロー」という機能を通じ、異なる決済ネットワーク上の資産をやり取りすることができます。これにより、複数の金融機関やブロックチェーンにまたがる取引をリップルネットワークを介して実行できるようになるため、時間や費用をかけずに取引を行うことができます。このリップルの発表以来、多くの金融機関がブロックチェーンの活用への関心を強めています。

リップルネットワークにおいてブリッジ通貨として発行されているXRPですが、金融機関の多くはKYCコンプライアンスなどセキュリティの問題から暗号通貨を銀行間取引に用いることに消極的です。その一方でブロックチェーンや広義の分散型台帳の活用には積極的であり、リップルネットワーク上のIssurance(イシュアランス、旧IOU)を用いた銀行間取引に向けての取り組みも進められています。一方で、インターレジャープロトコル自体はブロックチェーンではなくあくまで接続システムであり、既存のリップルネットワーク(XRP Ledger)とは独立して存在しています。

また、リップルネットワークの基盤である「XRP Ledger」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
→「リップルネットワークの基盤「XRP Ledger」とは?」

 

ILPがビットコインへ対応

インターレジャープロトコルでは既存の決済ネットワークを接続することを目指していましたが、2017年6月にビットコインブロックチェーンへ接続するプラグインを公開しました。2017年6月1日、2日にドイツのベルリンで開催されたBlockchain Expoではリップル社によるデモンストレーションが行われ、パブリックブロックチェーン、プライベートブロックチェーン、中央集権的な取引台帳、従来の決済チャネルなど7つの異なる決済ネットワークを経由する一つのトランザクションが実行されました。これらを通じ、既存の取引チャネルとブロックチェーンの連携が実現されました。将来的には、全ての取引台帳が結びつくことになるかもしれません。

今回は公開されたビットコイン向けプラグインを用いた接続だけでなく、XRPを使用したインターレジャー取引も実行されました。これはXRPエスクローとXRP支払いチャネルの両方を使用して行われるものです。これらの技術により、取引記録の全体をETHに両替し、それらをいったんXRPに両替したのち、それらを最終的にユーロに戻すといったことが、より小さな費用・時間で実行できるようになります。

 

今後もプラグイン構築は拡大

今後インターレジャープロトコルは接続可能なブロックチェーンをさらに拡大していく予定です。例えば、ライトコインとの接続を可能にすることは、ビットコイン向けプラグインのコードを微調整するだけで可能になると言われています。また、ZcashやLightning Network、PayPalなどにも対応するプラグインを構築していくとのことで、今後もリップル社の発表に注目していきたいです。

 

リップルについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
→「リップルとは?-新たな国際送金システムを目指す暗号通貨」
また、リップルネットワークの基盤である「XRP Ledger」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
→「リップルネットワークの基盤「XRP Ledger」とは?」
この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 238 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。