Rippleが2019年Q1マーケットレポートを発表

Rippleが自社ホームページで2019年第1四半期のマーケットレポートを発表した。このレポートによると、Ripple は2019年第1四半期において135%の増加を見せた。また、RippleがQ1で行なった取引量は世界の総取引量の0.32%となっていた。また、暗号化されたエスクローから30億のXRPがリリースされたが、その内23億のXRPがエスクローに返却されたことが分かった。Q1におけるXRPの日次リターンのボラティリティは2.9%となっており、2013年Q4以降最低水準を記録したという。

 


News from:Ripple

この記事をシェアする: