SBI、オウケイウェイヴに仮想通貨会社LastRoots社の株式を売却

日本経済新聞の報道により、SBIホールディングスは、仮想通貨開発・交換会社LastRootsの3割を占める保有株全てを、傘下企業のオウケイウェイヴに数億円で売却したことがわかった。SBIは傘下にも交換会社を抱えている。仮想通貨を巡る一連の問題を踏まえ今後、セキュリティー対策などに手間とコストをかける必要が高まるとみて傘下会社に経営資源を集中することが狙いのようだ。

 

 


News from: nikkei

この記事をシェアする: