有価証券及びクラウドファディグに対する規制はICO規制の参考になる可能性あり

第10回の金融庁が開催した「仮想通貨交換業等に関する研究会」はICO規制のあり方を議論した。会合ではICOトークンと同じく高い流通性を持ち、情報の非対称性も強い有価証券に対する規制は重要な参考になるという意見が多くのメンバーに支持された。それ以外、ICOの不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うという特徴から見ると、クラウドファンディグに対する規制の枠組みも参加になれるではないかという論点も討論された。

 


news from:fsa

この記事をシェアする: