ソニー、仮想通貨のハードウェアウォレット技術を発表

Itmediaの報道によると、ソニーコンピュータサイエンス研究所は10月23日に、ソニーの非接触型ICカード技術を用いた仮想通貨のハードウェアウォレット技術を開発したと発表しました。特徴としては、このハードウェアウォレットはユーザー自身が秘密鍵を管理できる機能が付与され、使用時以外はインターネットに繋がらないため、取引所に預けるよりもハッキングに遭うリスクを最大限に減らすことが可能です。また、従来のPCとUSBの接続を利用するハードウェアウォレットに比べ、ICカード型の当製品は持ち運びが容易であるほか、内部のデータが解析もしくは改竄される危険性も少なく、より安全に秘密鍵を管理することができます。今回の技術は、仮想通貨の取引に使う秘密鍵の管理だけではなく、今後のブロックチェーン技術を運用する個人情報管理システムなどの秘密鍵管理プログラムにも利用できると予想されます。

 

 


News from: itmedia
Photo from:
Disclaimer:This is a translated flash news. We do not make any warranties about the completeness, reliability and accuracy of this information.Any action you take upon the information on this website is strictly at your own risk, and BBC will not be liable for any losses and damages in connection with the use of this information.

^
この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 343 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。