ブロックチェーンテクノロジーに熱視線を注ぐアフリカの若い起業家たち

2017年10月24日 BBC編集部 0

  トムソン・ロイター社主催のアフリカサミットにて、ブロックチェーンテクノロジーに関して多くの議論が行われたようです。メディアとマーケティングソリューションを提供するCreative Counsel社のCEO、Ran Neu-Ner氏は、個人や企業がブロックチェーン技術に参入していくべきであると強い主張を行いました。彼は、演説にて「ブロックチェーンはユーザーが取引を行えるという点で、インターネットの革命よりもはるかに革新的です。これは無視しがたいインパクトをもたらします。どのような形でもブロックチェーンの影響を受けない産業はありません。」と述べています。 金融分野に革命をもたらすブロックチェーン Blockchain Academy(ブロックチェーン・アカデミー)のCEO、Sonya Kuhnel氏は、ブロックチェーン技術は、貧困やインフラの未整備などが原因で銀行やその他のシステムにアクセスできない35億人以上の人々を、国際経済の流れのなかに統合することができると述べています。Kuhnel氏は、 「伝統的な大企業や、第三者や仲介者を介さずに、人々がお互いに直接取引できるようになります。取引手数料がはるかに低くなることによって、経済がさらに加速していくことでしょう。」と述べており、今後ブロックチェーンによって人々が低額の手数料でお金を転送し、経済発展に参加することが可能になるシステムが実現する未来を描いています。 Kuhnel氏は個人情報管理と検証の分野にも触れています。演説のなかで、個人情報関連の従来の課題を解決するアプリケーションを開発したスタートアップ企業を紹介しており、ブロックチェーンによって本人確認作業などが効率的に行われるようになり、金融や銀行関連の業務が高速化される未来について示唆していました。 ディスラプションが新たな基軸を生む Ran Neu-Ner氏は、ブロックチェーンが「新しい時代」の突入をもたらしたことを確信しています。 「現代は、(中央集権による)ビッグ・ビジネスの時代の終わりであると同時に、複数の人間がそれぞれバラバラなネットワークに参加する分散化された時代の始まりにあります。今までは「イノベーション」という名の創造が繰り返さえれてきましたが、我々は歴史の中で初めて「破壊と解体」に取り組みはじめました。」と述べています。 また同氏は、企業のデータに対する向き合い方について、このように付け加えています。 「データは通貨です。データに関するすべての意思決定を自分でしていないのであれば、既に取返しがつかない状態になっています。」と述べました。同氏は、ウォルマートやマイクロソフトのような大企業がデータの取り扱いに頭を抱えている中、Nike(ナイキ)を成功例のひとつとして取り上げています。ナイキのCEO、マイク・パーカーは、自社について、スポーツウェアの販売も手掛けている大手データ会社であると語りました。 今回のサミットでは、ブロックチェーンテクノロジーからデータ産業の今後まで、幅広いテーマが取り扱われたようです。現在、新たなスタートアップの出身地としてアフリカの一部地域が高い注目を集めています。今後、アフリカ発のブロックチェーン企業の誕生に期待が高まります。

ケニアのスタートアップ「BitPesa」が、シリーズAで250万ドルを調達

2017年2月1日 BBC編集部 0

ケニアで2013年9月から事業をスタートしていたBitPesa(ビットペサ)が、シリーズAとして250万ドルを調達しました。USの有名ベンチャーキャピタルであるDraper VCが主導しました。 CEOのElizabeth Rosielleo氏は、資金をユーザー獲得に投下する目論見で、特にナイジェリア市場に焦点を当てているようです。さらにUKで正式なライセンスを取得しての事業展開も検討しているようで、ブロックチェーンおよびビットコイン系スタートアップが、ヨーロッパ圏でライセンスを得る動きが加速しています。 記事元:https://www.cryptocoinsnews.com/pan-african-bitcoin-startup-bitpesa-raises-2-5-milion/

ガーナでも土地登記にブロックチェーン技術を活用、スタートアップ「BenBen」が主導。

2017年1月27日 BBC編集部 0

ガーナでも土地の登記にブロックチェーンの活用が始まっています。ガーナでは、紙ベースでの土地登記は、手続きが煩雑なため時間がかかる作業で、場合によっては2年かかる事もあります。さらに、手続きが完了するまでの間、所有権を巡ってのトラブルが後を絶ちませんでした。 これらの問題を、ブロックチェーン技術を活用して解決を測ろうとしているのが、ガーナのスタートアップ企業「BenBen」で、登記証明のデジタル化によって、登記手続きの効率化とブロックチェーンによる所有権の明確化および不正や改ざんの防止を防ぐことを可能とします。 記事元:https://www.cryptocoinsnews.com/blockchain-tech-used-prevent-property-fraud-africa/