インドの金融界におけるブロックチェーンスタートアップの活躍

2017年9月9日 BBC編集部 0

インドの金融業界各社は、ブロックチェーンを利用した基幹システムへの移行に向けて、着々と準備を進めているようです。遡ること2016年10月、インドのICICI銀行は、同行にとって初となるブロックチェーンを使った国際貿易取引と海外送金実験を行っています。さらに、インドのYES銀行、Kotak Mahindra銀行、Axis銀行といったプレイヤーたちがICICI銀行のあとに続き、ブロックチェーンの送金実験を行っています。 インドで攻勢をかけるブロックチェーンスタートアップたち ブロックチェーンの導入に向けて、今日の世界中の金融機関は積極的に動いています。インドでは、インフォシスやTCSといったインドの巨大ITサービスプロバイダーと先を争うように、ブロックチェーンスタートアップたちによって、ブロックチェーンを用いた銀行の基幹システムの開発が行われています。 Primechain Technologies社は設立から1年しか経っていない若いスタートアップですが、マネーロンダリング防止、クロスボーダー支払い、資産登録、ローンのシンジケーションといった問題に対して、金融業界で団結してブロックチェーンを使った解決策を考案すべく、業界団体を設立しました。同社の共同設立者であるRohas Nagpal氏は、「ブロックチェーンはインドの金融業界において大きな役割を果たすようになってきました。この1年で、インド国営銀行を含む24名のメンバーを集めてきましたが、 2019年までにメンバーが750人にまで拡大することを期待しています。」と述べています。 Signzyというインドのスタートアップは設立からまだ2年目ですが、金融業界におけるKYC(Know Your Customer)と呼ばれる本人確認作業を、人工知能とブロックチェーンによって効率的に行う事業を展開しています。同社の技術により、従来は承認まで数日かかっていたKYC関連作業が、わずか数時間で済むようになり、大幅な時間短縮に成功しています。 Signzyの共同設立者、Ankit Ratan氏は「ブロックチェーンは、書類作成が必須となっている業界を(効率化によって)大きく変えていくでしょう。金融業界に限らず、不動産業界や物流業界などにも、同じ恩恵にあずかることになるでしょう。」と述べています。   金融業界と政府機関で注目されているブロックチェーン 国際的監査法人のPwC社によると、インドでは2016年だけで32以上のブロックチェーン企業が設立されているそうです。2017年1月、インド準備銀行(Reserve Bank of India, 以下RBI)の研究チームである銀行技術開発研究所(Institute for Banking Technology)は、ブロックチェーンがコスト削減、効率化、透明性を銀行業界にもたらすことを発表しました。同機関による報告書は、「技術的に成熟してきた現在こそ、インドの金融界にブロックチェーンを導入する絶好のタイミングである。」と述べています。 「ブロックチェーン技術はディスラプター(破壊者)として認識されていますが、多くの人の心の中ではブロックチェーンはbitcoin(ビットコイン)とリンクしているようです。ビットコインとブロックチェーンを同一視している人もいますが、ほとんどの企業はブロックチェーンテクノロジーの重要性と、暗号通貨(仮想通貨)との違いを認識しています。「今後、AI技術とブロックチェーンは、デジタル金融界における不正行為の検出の場面で、大いに役立つでしょう。」とRatan氏は述べています。 Nagpal氏は、「インド政府内でもブロックチェーンに大きな関心が集まっています。グローバル詐欺レポート(2015-16)によると、インドでの詐欺の分布率が世界で3番目に高い(80%)ことから、ブロックチェーンの活用による犯罪の防止が必要不可欠です。 […]

インドでビットコイン合法化に向けた動き、ビットコインの巨大マーケットとなるか?

2017年7月11日 BBC編集部 0

4月14日、インド政府は、ビットコインの法的位置づけを調査し、市場を規制することを検討していることを明らかにしました。本記事ではインドにおける暗号通貨の位置づけとその合法化への動きについて解説していきます。   インドにおけるビットコイン取引所の取り組み インドでは暗号通貨についての知識がまだ政治家たちの間に普及しておらず、暗号通貨への批判が多く為されてきました。また、3月1日には、 インド準備銀行(RBI)のガンジー副総裁もバーチャル通貨の財務、法律、顧客保護、セキュリティ関連のリスクに対して懸念を表明していました。 しかし、これまでのインドでは電子通貨市場における規制が充分に整っていなかったにも関わらず、インドの3つのビットコイン取引所は過去3年の間、資金洗浄対策として厳しい顧客確認(KYC、Know Your Customer)の体制を敷いてきました。このように取引所が自主規制を行ってきたことが評価され、政府は暗号通貨に関して再考することとなりました。 さらに、ビットコインの利用が増え、ブロックチェーンが金融市場の機能、担保の識別、支払いシステムについて重大な変革をもたらすという認識が広まったこともあり、インド政府は、暗号通貨の市場と業界を標準化するために、ビットコイン取引所への資源配分と市場規制によって、各取引所に平等な競争の場を提供することを決定しました。   ビットコイン合法化により取引量はさらに増加へ インドで最大の暗号通貨取引所の1つであるCoinsecureのカルラCEOは、インド政府がビットコインを受け入れ、市場を規制する可能性を検討していることは、暗号通貨業界にとってプラスのことであるとポジティブに捉えています。 6月20日には、短期間でビットコインを完全に合法化することを目的として、暗号通貨の枠組みを調べるための委員会が設立されたことが発表されました。 ビットコインの合法化は、インド国民のビットコインの信頼性への不安を取り除くのにも役立つでしょう。また、ビットコインサービスプロバイダーも、そのサービス内容を拡大することができます。インドにはすでに100万人規模のビットコインユーザーが存在することが指摘されていましたが、インドでビットコインが合法化されることで、その取引量はさらに増加することが予想されます。今後もインド政府の発表に注目していきたいところです。

Coinbank、ビットコインの「固定預金」を開始、最高金利を提供

2017年2月16日 BBC編集部 0

CoinbankのAmaze Mining氏とBlockchain Research Limitedが、ビットコインの固定預金を開始しました。 従来の銀行とは異なり、Coinbankはビットコインを他の人に貸し出し利子を得るのではなく、マイニングへの投資を行い、そこからの利益を預金者に還元しようとしています。 固定預金には3ヶ月と6ヶ月の2つのプランがあり、それぞれ利子が異なります。 彼らはインドのニューデリーを拠点としており、 GBMinersがサポートを行っていると思われます。 インド人は固定預金を好む傾向にあり、そこに目をつけた興味深いコンセプトのシステムです。 https://cointelegraph.com/news/coinbank-launches-bitcoin-fixed-deposits-claims-to-offer-highest-interest