Tether(テザー)とは?−法定通貨をデジタル化

2017年1月14日 BBC編集部 0

 分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーン技術は暗号通貨(仮想通貨)だけでなく様々な分野に応用が可能で、多くのプロジェクトが登場しています。こうしたプロジェクトの多くは従来の中央集権的な構造による問題点を解決することを目指しています。今回はその中からテザー(Tether)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。 テザーとは?−デジタル化された法定通貨  「テザー」とは法定通貨と連動した価値の暗号通貨を発行するプロジェクトです。他の通貨に価値を連動させている通貨を「ペグ通貨(ペッグ通貨)」と呼びます。テザーはブロックチェーンの利点と機能性を活用しつつ、法定通貨にペグされ安定した価値の移動を実現します。そして発行されるテザーは全て、同額の法定通貨によって完全に裏付けられています。例えば、1USドルは常に1USDTで取引されるというように、その相場は常に固定されています。つまり、USドル、ユーロ、日本円などの現金を、法定通貨としての価値はそのままにデジタル化したものがテザーです。   テザーの特徴−暗号通貨と法定通貨のメリットを両立  法定通貨を既存のネットワーク上でやり取りする際には金融機関のシステムを経由する必要があり、利用者にとってはATMの利用時間や手数料などの制約がありました。一方ビットコインなどの暗号通貨はいつでも少額の手数料で取引が可能であるものの、実物資産による裏付けを持たず価値が不安定な状態です。  テザーは、ビットコインブロックチェーン上に記録されるOmniトークンとして発行されます。そのため銀行よりも安全に価値を保存でき、またビットコイン同様に少額の取引手数料で送金が出来ます。一方で法定通貨という価値の裏付けを持つ暗号通貨トークンとして、ビットコインなど多くの暗号通貨に比べ価値の流動性の低い安定した暗号通貨を実現しています。このようにブロックチェーンの利点と機能性を活用しつつ、ブロックチェーン上でより安定した価値の移動を実現できる、新たな選択肢を提供します。 テザーのメリット−プルーフ・オブ・リザーブにより法定通貨との交換を担保  テザーが保有する法定通貨と同額のテザーを発行するプロセスはProof of Reserves(プルーフ・オブ・リザーブ、PoR)というシステムによって担保されています。法定通貨の管理と新規のテザーの発行は運営母体であるTether Limitedが行います。  ユーザーがTether Limitedの保有する銀行口座に法定通貨を入金すると、同額のテザーが発行されてユーザーのテザー口座に入金されます。逆にユーザーがTether Limitedにテザーを入金するとテザーは消滅し、Tether Limitedから同額の法定通貨がユーザーの銀行口座へと振り込まれます。このようにして、Tether Limitedに入金された法定通貨は発行されたテザーと常に同額となるように維持されます。またTether Limitedに入金された法定通貨の総額は常に公式サイトに掲載されています。 テザーのデメリット−カウンターパーティリスク  ユーザーが預けた法定通貨を管理しテザーを発行するのはTether Limitedですが、もし仮にTether Limitedが持つ銀行口座からハッキングなどにより法定通貨が盗まれるとどうなるでしょうか。発行されたテザーと保有する法定通貨の総量のバランスが崩れてしまうため、Tether Limitedは両者の交換を保証できなくなります。このように、資産を預けた相手が契約不履行に陥る「カウンターパーティリスク」が存在します。円とビットコインの交換にbitFlyerのような中央集権型取引所が必要であるのと同様、現物資産と暗号通貨の交換には中央管理者の介在が必要となってしまうのです。   テザーの普及と今後の可能性 […]