IOTAがデータ販売市場の確立へ:CISCO、Volkswagen、Samsungグループとパートナーシップ

2017年11月29日 BBC編集部 0

  2017年11月28日、IoTに特化した暗号通貨(仮想通貨)を提供するIOTA(アイオータ)プロジェクトが、世界有数のグローバル企業であるCisco Systems社、Volkswagen AG社、Samsung Group社を筆頭とする、複数の企業とパートナーシップを締結したことを発表しました。発表に際し、IOTAの共同創業者のひとりであるDavid Sønstebø氏は、今後これらの企業と協力し、安全なデータ市場を構築していく狙いについて述べました。 IOTA上で分散型データ販売市場を確立へ このプロジェクトでは、企業間でデータが売買できる市場を設立することを目指しているとのことです。IOTAによると、現在世界では一日あたり2.5京バイトものデータが生成されており、その量は毎月指数的な増加曲線を描いているとのことです。しかし、これらのデータはセキュリティが整っていないがために、99%が利用されていないという現状があるそうです。 Sønstebø氏は、 「いかなるデータにも金銭的価値がある。例えば、あなたが個人で気象観測器を保有しており、風速、気温、湿度、その他気象データを収集したとすれば、それらのデータは気象調査を行っている団体に販売することができる。私たちが目標としているのは、多様でオープンなデータ市場の確立である。それによって、企業や個人間でデータの流れが発生するようなインセンティブが生まれると考えている。」 と述べました。 BBC編集部では、過去にIOTAの創業メンバーのひとりであるDominik Schiener氏に独占インタビューを行っています。IOTAプロジェクトの目指す先について、詳しく述べています。ブロックチェーンとIOTAプロトコルの違いなどについては、こちらの記事にてご確認ください。 インタビュー記事はこちら 【IOTA創業メンバーDominik Schiener氏 BBC独占インタビュー】前編 国家・大企業とプロジェクトを進めるIOTA データは、IOTAの分散型台帳に記録されたと同時に、ブロックチェーンネットワークに接続している無数のノードに分配され、第3者による改ざんが不可能な状態になります。こうして安全性が確立した状態で、自由にデータを売買できる状態を実現することを目指しているようです。今回、IOTAとパートナーシップを結んだ企業は、今後それぞれの業界内においてデータを供給する役割を果たしていくようです。 ブロックチェーンの抱える課題でもある、スケーラビリティや取引手数料の問題を乗り越えると期待されているIOTAですが、IoTの機器間でのデータのやりとりなどで、今後活躍する機会が増えていくと期待されます。引き続き、IOTAの動向に注目です。

【IOTA創業メンバーDominik Schiener氏 BBC独占インタビュー】後編

2017年10月14日 BBC編集部 0

このたびブロックチェーンビジネス研究会では、IOTAプロジェクトの創業メンバーのひとりであるDominik Schiener氏にインタビューを行いました。本記事は、前編に続く、後編記事になります。   IOTAの数ある機能のなかでも、最も重要な特徴はなんですか? スケーラビリティの特徴を除けば、取引手数料が掛からないということがIOTAの最も魅力的なポイントと言えるでしょう。ビットコインやイーサリアム上でビジネスを展開する際に、一番のネックとなるのは取引手数料です。結局のところ、全てのビジネスパーソンは利益を得るためにビジネスモデルを作ります。もしIOTAを使用すれば、彼らが取引によって得ている利益を明確に計算することができます。 IOTAの真価は、マイクロペイメントの場面において更に発揮されると思います。IOTAはパーミッションレス型であり、マイクロペイメントを可能にする唯一のブロックチェーンです。そして未来においては、機械はマイクロペイメントシステムに基づいて、互いにやり取りすることでしょう。   IoT時代を見据えて、既に様々なテストを行っているかと思います。実際にIOTAを利用したIoTプロジェクトについて、教えて頂けますか? ここでは、ほんのいくつかしかご紹介できません。ですが、我々が取り組んでいるプロジェクトのほとんどはモビリティ、エネルギー、ヘルスケア、スマートシティに関連したものです。私たちは世界中の大企業と協力をしていますが、現在取り組んでいるプロジェクトのうち、いくつかを紹介します。 Car eWallet これは想像がつきやすいかと思います。車にIOTAウォレットを与え、自動的に内部のサービス(インフォテイメントやオンデマンド)、外部のサービス(駐車料金や通行料金)に対して、車で支払いができるというものです。IOTAはこの点については完璧に適しており、特に我々が提供する「Flash」」を用いれば、瞬時に支払うことが可能です。 第四次産業革命 仕事場ある機械のセキュリティーを強めるために、ドイツとフランスにあるいくつかの大手製造企業と一緒に取り組んでいました。システムの脆弱性(アタックベクター)は、ユーザーが増えるほど高まり、セキュリティが困難となります。これらの問題を解決するために、IOTAでは自動で問題を追跡し、いつ何が起こったか、あるいはどんなコマンドが実行されたのかを知ることができます。またIOTAでは遠隔地からでも、安全に機械をコントロールすることができます。 デモの様子はこちらから: https://audit-trail.tangle.works/   CarPass Volkswagen, Innogy and BigchainDBと共に開発を進めていて、車にセキュリティの自動追跡機能を与え、いつ何が起こったかを確認できるようにしています。第三者に共有される走行距離やGPS座標などのデータは、とても興味深い分野です。これもまた、プライベートブロックチェーンと承認のないパブリック台帳の両方を利用可能とした全く新しいものとなっています。 分散型データ市場 20を超える企業と共に、プライマリデータ市場のパブリックデモンストレーションを設立しているところです。このデータ市場は機械間のマイクロペイメントでの売買を可能にする基盤となります。データはとても貴重なもので、IOTAはそれらのデータを安全に売買することを可能にします。これらの詳細については、間も無く発表されると思います。 IOTAプロジェクトの今後の展望についてお聞かせください。 […]

【IOTA創業メンバーDominik Schiener氏 BBC独占インタビュー】前編

2017年10月13日 BBC編集部 0

このたびブロックチェーンビジネス研究会では、IOTAプロジェクトの創業メンバーのひとりであるDominik Schiener氏にインタビューを行いました。IOTAプロジェクトはその発表以来、高い注目を集めており、2017年10月13日現在、暗号通貨(仮想通貨)取引市場での流通量が10番目に高いプロジェクトとなっています。本インタビューでは、IOTAプロジェクトの概要と現在進行中のプロジェクト、今後の展望についてお聞きしました。ぜひご覧ください。   はじめにDominikさんのご自身のことと、現在携っている事業について教えてください。  私の名前はDominik Schienerです。IOTAの設立したメンバーのうちの一人で、現在21歳です。出身はイタリアなのですが、IOTAプロジェクトをDavid Sønstebøと推進するため、現在はベルリンに住んでいます。 私はブロックチェーン技術に2011年頃から注目していました。初めはアルトコインのマイニングをしていて、その後に自分の会社を立ち上げました。私はスイスのザグにあるCrypto Valleyの創設を支援した一人で、ベルリンでIOTAのプロジェクトに携わる前は、ロンドンでも会社を経営していました。私は、分散型台帳技術は高いポテンシャルを持っていると思っていて、特にIoTやAIなど他の技術との掛け合わせに注目しています。私の主要な目的はこの技術を世界に導き、IoTでの最初の時代を切り開いていきたいと思っています。 ありがとうございます。IOTAの紹介と、その歴史について教えていただけますか?  IOTAの創設メンバー(Dominik Schnier氏、David Sønstebø氏、 Sergey Ivancheglo氏( 別名:Come-from-Beyond)、 Serguei Popov氏)は、2010年〜2011年頃からブロックチェーン技術に注目していて、四人全てが多様で相補的なバックグラウンドを持っています。私とDavidは起業家ですが、技術に関する知識も高いです。Sergey Ivanchegloは分散型台帳技術の専門家でSerguei Popovはランダム・ウォーク理論(株式市場の値動きの予測不可能性を論じた理論)と、確率の分野を専門とする数学者です。 我々がブロックチェーン×IoTの探求を始めたきっかけは2つあります。ひとつは、私たちがIoTのもつポテンシャルに早期から気が付いていたこと。もうひとつは、フォグ・コンピューティング(集中型のクラウド・コンピューティングと対立する概念、霧[fog]のような分散型コンピューティングのこと)のミクロプロセスを開発していくための、Jinnという物理的ハードウェアを保有していたことです。 私たちは、ブロックチェーンで実現できることの限界を知っていました。なのでIoTの世界観に特化した、Tangle(タングル)という有向非巡回グラフを用いた全く新しいモデルを開発しました。その後、私たちは2016年2月にICOで1337BTCを調達することに成功しました。   IoT時代に特化しているIOTAプロジェクト IOTAプロジェクトが描いているビジョンについて教えて下さい。 […]

暗号通貨管理に特化したIOTAベースの分散型スマートフォン

2017年9月29日 BBC編集部 0

14,000ドルのスマートフォン「Solarin」を開発していることで話題の、イスラエルのスタートアップ企業のSIrin Lab(シリン ラボ)社は、手数料が完全無料のオープンソースブロックチェーンを開発しています。Sirin Lab社は現在、ビットコインのパイオニアであるHal Finney氏の名前を冠した「The Finney」という最新モデルのスマートフォンを開発しているそうです。The Finneyは、世界初のハードウェアレベルで安全な暗号通貨(仮想通貨)を保管できるスマートフォンデバイスになりそうです。 世界初、IOTAベースのスマートフォン Sirin Lab社の発表によると、すべてのFinneyデバイスは、IOTAのTangleテクノロジーによって独立したブロックチェーンネットワークを生成します。このブロックチェーンネットワークは、取引遅延の原因になる中央機関やマイニングセンターを経由せずに、SRNトークンというSirin Lab社の提供するトークンを用いて、P2Pに暗号通貨のやり取りを行います。また、Finneyデバイスには暗号通貨ウォレットと安全な両替機能もデフォルトで備え付けられているそうです。 256GBの記憶容量と1600万画素の内蔵カメラを搭載しており、本体価格は約1000ドルとなっています。Sirin OSという独自のオペレーションシステムによって動作するようです。ただし、基本機能の利用にSRNトークンを利用する関係上、SRNトークンの所有者のみ購入できるとのことです。端末はユーザー行動ベースの侵入防止システム、物理セキュリティスイッチ、ブロックチェーンベースの改ざん防止機能によって保護されているため、理論上ハッキングが困難となっています。安全な暗号通貨のホットウォレットを求めている方には最適なデバイスかもしれません。今後も暗号通貨関連スタートアップのプロダクトに注目です。

IOTA(アイオータ)とは?ーIoTに最適化された暗号通貨

2017年6月16日 BBC編集部 0

分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーン技術は暗号通貨(仮想通貨)だけでなく様々な分野に応用が可能で、多くのプロジェクトが登場しています。こうしたプロジェクトの多くは従来の中央集権的な構造による問題点を解決することを目指しています。今回はその中からIOTA(アイオータ)の特徴、そして今後の展望について分かりやすく解説していきます。   IOTAとは?ーIoTに最適化された暗号通貨および決済プロトコル IOTA(アイオータ)とは、IOTAプロトコル上でやり取りされるIoTに最適化された暗号通貨(仮想通貨)です。IOTAは、パソコンやスマートフォンだけでなく、あらゆるIoTデバイスが利用可能です。 送金手数料なしに送金が可能 IOTAの特徴として、デバイス間で送金を行う際に、他のビットコインなどの暗号通貨と異なり手数料が発生しません。常に手数料なしに送金を行うことが可能です。これは、Tangleと呼ばれる非循環有向グラフ構造に基づいた、ブロックチェーンと似た働きをするアーキテクチャによって処理が行われるためです。 送金手数料が必要なくなるため、その他の暗号通貨に比べてよりマイクロペイメントに向いていると言えるでしょう。さらに、IoTデバイスと接続することで、より柔軟にリアルタイムかつ細かな料金支払が可能となります。例えば、レンタカーの場合を考えてみましょう。内部センサーで測定した走行距離分だけ数メートル刻みで支払いを行うことも可能となります。 IoTデバイスで取得したデータを安全に送信可能 IOTAのもう一つの重要な特徴として、IoTデバイスの取得したデータ(気温、振動、回転数など)を、デバイス間でセキュアにやり取りができることです。 よくIoTの発展はブロックチェーン技術によって補完されると言われることがあります。これはデバイス間でのデータの整合性を保つことや、デバイスに対して不正なデータの送信を防ぐことが技術的に困難だったためです。しかし、IOTAのTangleを通して送信することで、データへの改ざんや外部からの攻撃を不可能となります。これにより、IoTデバイス間でデータの信頼性を担保したネットワークを構築することができます。   IOTAの普及と今後の可能性 電子マネーである暗号通貨は、IoTデバイス間の決済を可能にし、IoTサービスの可能性を拡げます。ここ最近はAmazon GOの登場など、デバイスやセンサーとインターネットとの接続によって、どんどんとスマートな決済体験が登場しています。IOTAにより、デバイス間での決済がよりスムースになり、購入体験がより向上するかもしれません。IOTAは、現在ベータ版が提供されており、誰でも利用が可能です。今後もIOTAの開発状況に注目したいところです。   web site: https://iota.org/