仮想通貨の納税を簡素化に 日本政府税制調査会が検討へ

日本産経新聞の報道によれば、日本の政府税制調査会が10月17日に開かれました。その調査会では仮想通貨の納税申告を行いやすくする規制整備検討がされました。現在、仮想通貨に関わる利益を計算することはややこしく、交換所ごとに仮想通貨価格が異なっており、また取引履歴データの保存方式は標準化されていないなど複雑の問題があるので、委員会はまずは少人数の専門家会議を開くことを決めたと、会議の参加者が述べました。日本の政府税制調査会は首相の諮問機関であり、審議及び国税、地方税に関する答申を担当します。


Photo from: Morningstar

この記事をシェアする: