米専門家:米国市場崩壊の恐れとその不況期に仮想通貨に対する需要の増加

CCNの報道により、JPモルガンチェス(JP Morgan Chase)は2020年まで、アメリカの経済が不況に落ちる可能性は60%であり、これからの3年間に崩壊する可能性は80%であると予測しました。CCNの報道によれば、多数の経済学者は今後の経済衰退を予測しながら、仮想通貨への需要が増加していくことを判断しました。現在、仮想通貨の市場規模が非常に大きいではありませんが、フィデリティ インベスメンツ(Fidelity Investments)、ゴールドマン サックス(The Goldman Sachs Group, Inc)シティバンク エヌエイ(Citibank N.A.)などの大手金融グループはすでに仮想通貨に関連するインフラストラクチャーを整え、仮想通貨への投資を考えている顧客を狙っています。仮想通貨市場に対する監督や規制する手段が不足しているため、仮想通貨市場への参入にはリスクが高く、銀行、投資会社などの企業は仮想通貨領域での事業を展開し難いです。
専門家によると、仮想通貨市場へ進軍する大手金融企業の増加は従来の金融業投資者の仮想通貨に対する需要が高まっていくことを表しています。


News from: CCN
Photo from:CCN
Disclaimer:This is a translated flash news. We do not make any warranties about the completeness, reliability and accuracy of this information.Any action you take upon the information on this website is strictly at your own risk, and BBC will not be liable for any losses and damages in connection with the use of this information.

この記事をシェアする: