トヨタがtoB利用に特化したエンタープライズ版イーサリアムに参画

2017年5月22日、自動車メーカーのトヨタが企業におけるブロックチェーン技術の標準化を目指す企業連合「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(Enterprise Ethereum Alliance)」に加盟し、ブロックチェーン技術を自動運転車の開発などに応用する姿勢を明らかにしました。このニュースはトヨタがブロックチェーンの活用に向け動き出したことで、日本のメディアでも大きく取り上げられました。詳しく解説していきましょう。

 

エンタープライズ版イーサリアムとは?-企業利用に特化

エンタープライズ版イーサリアムは、企業での活用に合わせた形でイーサリアムプラットフォームを構築することを目指しています。既にマイクロソフトやJPモルガン、インテルなど100社を越える企業が参画しており、銀行、経営コンサルティング、ハードウェアなどの幅広い分野での活用に向けて研究が進められています。

通常のイーサリアムは不特定多数がマイニングを行い、また誰もがブロックチェーン上に記録された取引記録を閲覧することができます。そのため企業内部においてブロックチェーンを活用しデータ管理の効率化を図る場合、顧客情報のプライバシーや企業の内部情報のセキュリティに大きな問題となります。そこでスマートコントラクトなどイーサリアムの利点はそのままに、取引記録の生成や承認を行うノードを承認制とし、ブロックチェーン上の情報閲覧を制限する企業内部での活用に特化したプライベートチェーン型のイーサリアムプラットフォームの開発が進められているのです。

パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

→「パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いとは?

 

たとえば、米大手生命保険企業のジョン・ハンコック・ファイナンシャルは、資産管理部門の顧客情報共有およびマネー・ロンダリング対策への活用を検討しています。また欧州航空機メーカーのエアバスは、サプライチェーン管理をブロックチェーン上で実行する計画を調査しており、ともにエンタープライズ版イーサリアムを利用して研究を行っています。

 

トヨタはどのように自動運転車開発にブロックチェーンを活用するのか?

トヨタは2017年5月23日に、MIT(マサチューセッツ工科大学)メディア・ラボなど複数のブロックチェーン関連団体との提携を発表し、自動運転車の開発におけるブロックチェーンの活用に向けた取り組みを急激に活発化させています。では具体的に、トヨタはどのようにブロックチェーンを自動運転車の開発に活用しようとしているのでしょうか。

現段階での一番の目的は、メーカー側と個人が走行試験やその実績などのデータを安全に共有することです。安全な自動走行を実現する自動運転車の開発のためには、何千億キロにもわたる人の手による走行データが必要になります。さらに、自動運転車の安全性に対する消費者からの信頼を獲得するためには、これらのプロセスを信頼できる形で公開していければさらに良いと言えるでしょう。ブロックチェーンを用いることで、個人とメーカー間で走行データなどの情報共有を安全に実現できます。将来的にはそれらのデータを活用したカーシェアリングや、走行距離に基づいた自動車保険料算定システムの開発も検討しているとのことです。

 

ブロックチェーン活用の未来

これまで見てきたように、ブロックチェーンを企業内外での情報共有に用いる考え方が大きく広まってきています。プライベートチェーンの活用によって、権限を付与された複数主体における効率的かつ安全なデータ共有が可能になると言えるでしょう。企業におけるブロックチェーン活用の標準化を目指すエンタープライズ版イーサリアムの今後の動きに注目です。

 

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 219 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。