取引量の40%を占め、ICOはイーサリアムの主流的地位を維持

Bitcoin magazineの報道により、イーサリアムにおいては、ICOはその取引における主流的な地位を維持したことがわかりました。イーサリアムにおけるトップ10までのスマート・コントラクトの使用には、ICO(ERC―20)は取引量の40%を占め、分散型取引所が20%、仮想ペットの購入・育成などを行うことのできる「CryptoKitties」等dAppsゲームなどで使用されるコレクション系トークン(ERC―721)が10%、中央集権型の仮想通貨取引所は30%を占めています。


News from:bitcoinmagazine
Photo from:bitcoinmagazine

Disclaimer: This is a translated article. BBC does not take responsibility of the original contents.

この記事をシェアする: