UTRUSTとは?ブロックチェーン取引を加速させるエスクローシステム

 

ブロックチェーンは総合的ソリューションではない

ブロックチェーン技術に期待されている最も重要な機能の1つは、エンドユーザーとビジネスサイドの両方にとって、よりシンプルで安全な支払い方法を提供することです。取引コストの低下、決済速度と匿名性の向上など数々の利点がもたらされることがブロックチェーンには期待されています。しかしその一方で、実際のビジネスをのぞくと、ブロックチェーンはより実務的な場面におけるサポートまでカバーしきれていない、というのが現状です。

買い手側が本当に望んでいるのは、売り手との取引で何らかの問題が発生した場合に、払い戻しや返金の保証などの強力な顧客保護のバックアップを得られることです。売り手側も同様に、ボラティリティに振り回されるなど暗号通貨を受け入れて起こる問題を恐れています。

UTRUSTとは?

UTRUSTは、画期的な顧客保護メカニズムを備えた、バイヤーとセラー両方にメリットのある次世代の支払いモデルの開発を目標としています。バイヤーは強力な顧客保護モデルを使って商品やサービスを購入するために、あらゆる主要な暗号通貨を使用することができます。UTRUSTは、Paypalに似た紛争処理システムを備えており、これによって詐欺や不正リスクをほぼゼロに抑えます。UTRUSTは、支払い時期から納期までバイヤーを保護することを保証します。
またセラー側もUTRUSTプラットフォームを利用することで、、暗号通貨のボラティリティによる経営リスクや、取引関連トラブルのリスクを回避することができます。UTRUSTはセラーが同時に複数の暗号通貨を受け入れることを可能にし、価格の変動から売り手を保護しつつ、取引の即時決済を行います。また紛争処理システムによって、売り手はハッキングされたクレジットカードの支払いや、不正なチャージバックを仕掛けるような詐欺を排除することができます。


UTRUSTのしくみ
  • セラーは特定の価格で市場で商品やサービスを提供します。
  • バイヤーはオファーをチェックし、購入の意思決定をします。
  • バイヤーは、変換コストの低い主要な暗号通貨の1つで支払うか、または変換費用の掛からないUTRUSTトークンを使用して支払いするか選択することができます。
  • UTRUSTはエスクローファンドを保有しており、セラーを暗号通貨のボラティリティのリスクから保護するために、、暗号通貨が即座に変換されます。(保持期間は加盟店のパフォーマンス履歴によって異なります)
  • バイヤーは商品やサービスを受け取り、セラーは法定通貨で資金を入手します。

例えば、何らかの理由でバイヤーが品物を受け取らないなど、取引中に想定外の問題が発生した場合、セラーはUTRUSTに対して問題の申し立てをすることができます。バイヤーとセラー同士が自力で問題を解決できない場合、UTRUSTは審判員または仲介者として機能し、バイヤーとセラーからの証拠を収集し、バイヤーに払い戻したり、セラーに資金を出すなど問題の解決を図ります。

Crypto Valleyがブロックチェーンビジネスを育む

UTRUSTはCrypto Valleyに加わることを発表しています。ホワイトペーパーによると、2017年9月から始まる、7ラウンドのICOを長期的に見据えているそうです。現在進行中のICOラウンドで$ 1.5mを調達することを目指しているようです。

Crypto ValleyはスイスのZugに拠点を置く有名なブロックチェーンと暗号化技術のコンソーシアムです。かの有名なイーサリアムプロジェクトも、Crypto Valleyに拠点を置いている企業です。この協会は、ビジネスフレンドリーな規制枠組み、ハイスキルな人材のプール、洗練されたインフラストラクチャーのおかげで、若いブロックチェーン企業の育成場として機能しています。スイス政府の支援もあり、新たなイノベーションの拠点としても注目されています。Crypto Valleyのもたらす創発効果と、UTRUSTの今後の動向にも注目です。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 253 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。