ウォール街諸機関はビットコインが既に底打ちと信じ、Twitterユーザーからの懐疑が多発

CNBCの報道によると、ウォールストリート諸機関はビットコインの問題について、Twitterユーザーの意見と大幅に分かれています。 最新の調査により、通常、組織は慎重すれば慎重するほど、「底打ち」と宣言する時の態度がポジティブになります。米ファンドストラットのマネージングパートナー兼リサーチディレクターであるトム・リー氏は最近の晩餐会で25カ所機関を調査し、彼らの意見をTwitterから採用した9,500件のコメントと比較しました。 ほとんどの機関は、ビットコイン価格が既に底打ちしたという意見を持ち、それに対して、Twitterで行われたインタビューを参加したユーザーの中には、Bitcoinは落ちる余地があると考えている人が多数でした。 慎重な長期投資家にとって、暗号化された資産のリスクは非常に高いであります。 安全に資産を保存する場所がないというのはまだ残された重大な問題の一つです。 ファンドストラット(Fundstrat)の調査によれば、大半の被取材者は中央銀行の動きを価格変動に関する「最も重要なマクロ経済要因」と判断しました。

Flash News: https://www.bishijie.com/kuaixun_120918
Photo Source: https://www.cnbc.com/2018/10/04/wall-street-thinks-cryptocurrencies-have-bottomed-but-twitter-users-doubt-it-survey-shows.html
*Disclaimer: This is a translated article. BBC does not take responsibility for the original contents.

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 345 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。