ブロックチェーンを支える技術「公開鍵暗号方式」とは

暗号通貨を送金する際には、「秘密鍵」と「公開鍵」というペアの暗号鍵を用いた「公開鍵暗号方式」が使われています。これはインターネットサイトの閲覧においても用いられている暗号化方式であり、暗号通貨ではそれをブロックチェーンやプルーフ・オブ・ワークなどと組み合わせる形で応用しています。今回の記事では公開鍵暗号にフォーカスして詳しく解説していきます。

 

公開鍵暗号方式とは?-暗号化と閲覧を別々の暗号鍵で実行

公開鍵暗号方式では特定の人だけが知っている「秘密鍵(シークレット・キー)」と外部に公開している「公開鍵(パブリック・キー)」というペアの暗号鍵があります。公開鍵は秘密鍵をもとに生成されますが、公開鍵から秘密鍵を知ることはできません。このとき暗号化については公開されている公開鍵を用いて誰でも行うことができますが、公開鍵によって暗号化された内容は秘密鍵を持っている者だけしか閲覧することができません。

 

暗号通貨における公開鍵・秘密鍵の役割

誰かに暗号通貨を送金する場合、送金者が自身の秘密鍵を用いて「電子署名」をすることで初めて送金処理を実行することができます。秘密鍵を用いた電子書名は、銀行口座で送金を行う際にパスワードや印鑑などで行う本人確認にたとえることができます

一方で送金先を指定する際には、送金先が公開している公開鍵を用いて生成されるアドレスを用います。公開鍵は振込先の口座番号にたとえることができます

例えば、ボブさんがアリスさんに10BTCを送金する際、ボブさんは「10BTCをアリスさんのアドレスへと送る」という内容に自らの秘密鍵で電子署名を行います。この電子署名によって送金処理が初めて可能になり、アリスさんは10BTCを受け取ることができます。

 

秘密鍵の所有=所有権の確認

しかしながら秘密鍵と特定の個人の間に紐付けは存在しないため、秘密鍵を知られていまうと誰でも勝手に送金できてしまいます。これは「秘密鍵を知っていること」がつまり「暗号通貨の所有権」を意味すると捉えることができます。そのため秘密鍵は誰にも知られることがないように、オフラインで保管するなど非常に厳重に管理する必要があると言えるでしょう。

bitFlyerやcoincheckなどの取引所に暗号通貨を預けている場合、秘密鍵を取引所が管理していることになります。Mt.Gox事件のように、取引所の管理する秘密鍵が何者かによって流出し、取引所から利用者の暗号通貨の一部が盗まれてしまうといった事件はこれまでもたびたび起きています。取引所に資産を預けるリスクについては別の記事で詳しく解説しますので、併せてご覧ください。

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 249 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。海外の業界ニュースや、ブロックチェーンや暗号通貨について基礎的な内容を発信していきます。