Zaif流出仮想通貨が三万件超の送金先に分散、賠償策の発表を後回しに

Zaifの仮想通貨不正流出事件からすでに半ヶ月が経過し、事件調査はうまく進んでいると言えません。筑波大学の面(おもて)和成教授によリますと、犯行したハッカーはミキシング(mixing)という技術を使用したので、盗まれた仮想通貨は移転される途中で、すでに追跡できなくなりました。「しかし、仮想通貨に関する点検を懈怠せず、異常を発見した後直ちに対策を取れば、追跡は可能である」と、筑波大の専門家は述べました。それに対して、以前の報道により、ハッカーは9月14日には2時間以内という非常に短い時間にZaifのウォレットから三種類(ビットコインBitCoin、ビットコインキャシュBitCoinCash、モナコインMonacoin)の仮想通貨を盗みました。Zaifウォレットの運営であるTech Bureau(テックビューロ株式会社)は9月17日でようやく仮想通貨不正流出の発生を気づき、9月20日で本事件を公表しました。流出された仮想通貨の半数以上が3万件超の送金先に分散されたことが筑波大の面准教授らの調査で分かりました。

70億円の被害があった仮想通貨流出事件に対して、テックビューロ社は全てのユーザーへの賠償策を発表していません。現在、テックビューロ社は新規ユーザーの作成を停止し、被害が4000万ドルを超えたユーザーに対する賠償を展開しています。NIKKEI ASIA REVIEW(日経アジアレビュー)の報道により、テックビューロ社は最初に9月末で賠償対策を発表する意思がありましたが、現在はその発表を後日に延ばし、より多くの時間がかかて賠償策を練ると決意しました。

 


News from:①http://virtualmoney.jp/I0004151
                     ②https://www.ccn.com/zaif-delays-customer-compensation-plan-after-60-million-crypto-theft/
photo from:https://www.ccn.com/zaif-delays-customer-compensation-plan-after-60-million-crypto-theft/
Disclaimer: This is a translated flash news. We do not make any warranties about the completeness, reliability and accuracy of this information. Any action you take upon the information on this website is strictly at your own risk, and BBC will not be liable for any lossess and damages in conneciton with the use of this informaiton.

この記事をシェアする:
BBC編集部
About BBC編集部 345 Articles
ブロックチェーンビジネス研究会(略称:BBC)編集部です。中立的な立場からのブログ配信を行っています。海外でのブロックチェーンに関する新聞、コンセプト、ビジネスモデルを紹介し、懇親会で教育界と業界の交流できる機会を提供しております。